kuwathaiの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 海南チキンライス

<<   作成日時 : 2008/07/14 13:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 子供が卒園した後の3月の休みにとても久しぶりにシンガポールに行った。パスポート見ればわかるが覚えていないのでいい加減なことを書くが、おそらくは10年ぶりくらいであったはず。おかしな物で5月にはシンガポールに出張が入って行かないときには行かないのに行くときには重なる物であると実感した。

10年前と何が違うって、町がすっかり新しくなっているじゃないの。セントーサ島なんでまるで別の場所である。
もう一つ驚いたのは、チキンライスが完全に国民食化していてどこでも食べられることであった。
子供と行くとどうしてもバイキングが多くなる。そのバイキングに多くの場所でチキンライスがあったのは偶然だったのであろうか?でもそれにしてもこんなにいろいろな所で食べられた記憶にない。

はじめてチキンライスを食した子供はすごく気に入ったらしいので、5月の出張時にチキンライスのパックを、6月にプーケットに出張したときにジャスミンライスを購入して先日日本でつくってみた。

ちなみに購入したのはその筋では有名なPRIMA TASTE社のHAINANESE CHICKEN RICEである。この1パックで4人は食べられる量が作れる。500円以下であるから鶏(1.5kg!)を入れても一人500円見当のお食事である。 って考えると西荻当たりのチキンライスは600円くらいからなので安いなぁ。

作り方は簡単。キットの中に入っている鶏の煮込み用スパイスと鶏を20分くらい緩やかに湯がき、後は温度をあげすぎないように30分くらい火を通して、鶏はさまして終了。
煮汁とこれまたキットに入っているスパイスを使ってジャスミンライスを鍋で炊く。日本の米より蒸らしが少なくて良いので15分で炊きあがる。
あとはこれまたキットに入っているソース3種類につけて食べるだけである。

お味の方は若干現地で食べるものよりもゴージャスに味がつくが、(個人的にはシンプルなのが好きなので)これはこれでかなりうまい。
鶏を湯がいたスープに塩こしょうとフライドオニオン(ニンニク)などいれて一緒に飲むとごちそうのできあがりである。

この海南チキンライスのセット、東南アジアの空港では結構よく売っているのだが、日本で入手できるといいなぁ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海南チキンライス kuwathaiの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる