kuwathaiの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣りと温泉

<<   作成日時 : 2010/09/28 06:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像こうつぶやきが多くなると改めてブログで書こうという気がなくなってくるけど記録物はブログの方が向きますな。
さて、ここ1週間は9月のシルバーウィークとのことで休みが多かった。とはいえ子供の行事は休みがないわけで小学生で運動をやっているなどとなると特に忙しい。下の子は姉と遊べないフラストレーションがたまるわけでそのエネルギー発散とお父さんの趣味をかねて休みにはどうも車に荷物を積んでどこかに行きたくなる。ここ1週間は釣りと温泉に費やされた。
9月18日の土曜はどこかに行こうと思ったが道がすごく混んでいて午後2時過ぎに出てまっとうな時間に帰ってこられる所はなさそうであった。そんなわけで久喜インター近くの「森のせせらぎ なごみ」へ。比較的空いていて良かった。さあ翌日19日。早くでればよい物をまた14時くらいになってしまう。秋川か奥多摩の管理釣り場にでも行ってニジマスでも捕ってきて燻製にするかと思って定番の秋川国際マス釣場いったらすごく混んでいてビックリ。しかも着いたのが3時半頃で4時までのこと。まあ奥の方行けばどうにかなると思って行ったら釣り堀はたくさんあり確かに釣りが出来ないことはないが全然かからない。息子はフラストレーションをためて帰路についたのであった。幸い明日は敬老の日だ。「明日も行くっ!」って言われて翌日の予定が決まった。
画像これまでの2日はサッカー三昧のお姉ちゃんをおいて息子と2人だったが敬老の日の20日は3人だ。朝7時にたたき起こして道が空いている房総へ。なんと7時にでたら8時半には九十九里に着いてしまった。
九十九里はサーファーで一杯である。コンビニで朝食を買ってサーファーを見ていたら子ども達はさっさと食べて海で遊びだした。子供の性格は生まれつきで海に行けば小さい頃から洋服を着ていてもお姉ちゃんは必ず全身ずぶ濡れになるが息子は殆ど濡らさない。今回も真っ先にお姉ちゃんがずぶ濡れになって「着替えある?」と聞かれた。先に聞けよ。もちろん娘の分は持ってきたが今回は息子も濡らした。予備で必ず持って行く妻とは違い、必要最小限の荷物というのが美徳である私は息子の分は持ってきていなかった。今年はこの時期になっても外気は33度くらいある。気持ち悪そうなのでフルちんで後部座席で過ごさせた。さあズボンを買おう。
画像でも九十九里で気の利いたスーパーは少なくショッピングセンター探しに15分ほどかかった。299円でズボンを買い11時になったので釣り堀へ。昨日のリベンジだ。
九十九里 海釣りセンターというのがあり、つれなくてもタイなど1匹はもらえるらしい。海の魚も良かろうと言うことで即決。2人で1万円くらいと決して安くないがまっよかろうということで釣りを始めた。
半日券を購入したが1時間ほどでつれないので子ども達は飽きてしまった。(笑) ブランコとかあって遊べるんでそっちに行ってしまうのね。それでも午後2時頃まで3時間ほど粘った。結局かからなかったがお店のお姉さんがひっかけたタイを子供2人で釣ってそのタイとシマアジをお土産にもらった。40cmくらいかな。刺身と昆布〆にして食べたが5人家族では結構な量であった。
その後遅い昼ご飯。うどんが食べたいとのことでiPhoneで検索した手打ちうどんの店に入ったが意外に美味くて娘は満足していた。
画像そんな釣り三昧のシルバーウィークから1週間経った26日。また全く思いつきであるが八ッ場ダム周辺の温泉に行こうと思い立った。あのあたりは源泉掛け流しで関東周辺ではとても贅沢なのだが人気はいまいちで地元民とコアな温泉ファンに支えられている感じである。また例によって出発は1時過ぎ。でも下りの関越はがらがらで1時間半後には群馬の吾妻についていた。実は八ッ場ダム周辺に行こうと思ったが、手前というか北にある沢渡温泉をとりあえずの目的地とした。軽井沢に行く人はわかると思うがこの辺り実は蜂蜜がとれしかも高品質なのだ。妻の母が昔から送ってもらっている蜂蜜屋さんが実はこの沢渡温泉で土産物屋をやっておりそこに行ってみましょうと言うことになったのである。当然おばあちゃんも参加なのである。沢渡温泉の共同浴場は予想を超えて良い物であった。浴槽が二つあり手前は上がり湯であるらしい。源泉そのままでかなり熱い。43度以上はある。奥の方も42度くらいか。上がり湯用の浴槽とはいえ入っても良いのでがっつり温まる。源泉掛け流し消毒すらなし。すんごい贅沢。
画像そんな温泉をあとにし、(そんなに長湯する物ではないらしい)そこから最も近いお土産屋を経営する剣持さんのところへ、温泉場らしく石鹸120円や飲み物もあるが、手作りの梅干し(ジャムの瓶にはいって300円くらい)ササゲや小豆など自家栽培の物が並ぶ。白眉は蜂蜜である。日本ミツバチで自分で取ってきた蜂蜜でそこいらに売っている物とは全然違う。桜と藤の蜜のもの800gで2000円くらいのものを購入して帰路についた。
帰りは大渋滞で息は1時間半だったのに帰りは4時間くらいかかった。

釣りと温泉に明け暮れたまあよいシルバーウィークでした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣りと温泉 kuwathaiの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる