kuwathaiの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何だこのImpalaという車は?

<<   作成日時 : 2008/01/28 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像本日はカリフォルニアにいる。出張なのだ。US出張の楽しみの一つにアメ車に乗れることがある。小さいグレードの物だと日本車や場合によっては韓国車になってしまうため意味がない。
いままで一番おもしろかったのは十数年前に借りたV8を積んだポンティアックの2ドアクーペであった。なんだかハンドルがどっち向いているんだかわからないステアリングフィールとダンパーが全くきいていないようなふわふわとした乗り心地に「これは日本車に負ける」と確信したのであった。だいたい大味なのであるが、唯一フォードプローブという車はなかなか良かった。買ってもいいと思った。けどこの間のムスタングといい筋肉質な感じがしないアメ車に乗るのはすばらしい機械に出会った感動とは全く逆の「あはは」とおおらかになれる良さがある。間違ってもコーナーを攻めようなんて言う気にならない。
画像
今回借りた車は、シボレーインパラという車である。サンフランシスコの空港で初めて対面したときに韓国車かと思った。フルサイズで色が黒いとみんな韓国車に見えてしまうのは悪い癖だ。
ちなみに50年前のインパラはこんなに格好が良かった。

乗ってみると可もなく不可もなくという感じであるが、なんだかふらふらとして高速でも緊張を強いられる。普段乗っている車がこの部分に関してなかなか良くできているだけで、(2台はFRだし)こちらの雑誌の評価を見るとすごく高評価。やはり価値観というのは違う物である。
安っぽいけれど整理された内装であるが、すごい装備でなんだかたくさんスイッチがある。
画像ハンドルにもたくさんスイッチがついているが、これはだいたい何をしてくれるかわかる。オーディオとオートクルーズであろう。インパネの周りのスイッチは方角を知らせてくれるような物?の設定のためのスイッチらしかった。そのほかミラーにもなんだかたくさんスイッチがあるので、一通り全部押してみたら、なんだか電話をしているっぽい。
「May I Help You?」みたいなことを言われたので、「をを、何でしゃべっているの?機械か?」といったら人であった。きいてみるとどうやらエマージェンシーにつながったようである。運転中いろいろボタンを押してみたらこんな状況になって、地図も見なくてはいけないしまさにエマージェンシーであったが、「ごめん操作ミスだ」といって電話を切ってもらった。(切り方がわからなかった)「Have a good day」とか言われちゃった。はは。
ホテルに着くまでほぼすべてのボタンを押してみたが、やばそうなのはこのボタンだけであった。
ちなみにカーナビがついていて、空港でホテルまでの行程をセットしてみたが、GPSが見つからないとフリーズしたままホテルまで行ってしまった。USのカーナビは5万年くらい遅れている。こんなの要らない。(まだWindowsMobileなどで動くやつの方が良いかもしれない)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クルマって、国民性でますね。
ミラーのボタンって、必要あるのか?
日本ではこうした設計はしないのでは?
momotoshi
2008/01/28 21:28
慣れてきたらだんだんいい車に思えてきました。アクセルを踏むと昔のアメ車のようにブワーーーっと加速します。ドーピングした野球選手って感じでしょうか。間違っても努力の末、パワーを削りだしているようなイチロー感と対局な感じです。 装備過多や訳のわからない設計もおおらかさを感じます。某ドイツの車は高速を走るときの心拍数などを下げる努力をしているのとはだいぶ違うアプローチですがファーストフードをたまに食べたくなるようにこれはこれでよい感じがします。いや悪くない。
kuwathai
2008/01/29 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
何だこのImpalaという車は? kuwathaiの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる