kuwathaiの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハトヤ

<<   作成日時 : 2011/02/20 07:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像冷静に考えると自分の文章にしろ考え方にしろ必ず誰かをマネしているはずなのにそれを棚に上げて他人が真似した物に嫌悪を覚えるなんて変な話だ。
私たちが子供の頃の大人は余裕も娯楽も少なくてがむしゃらに働いていたころである。その大人達が自分たちが生きてきた過程で得た狭い見聞の範囲で良いと思う物が外国から持ってきた物を日本風にアレンジしたもので楽しまされていることは子供でもわかった。そういった物を見たり所有したりしてこれは最高だといって満足する大人が思春期には格好悪く写ったことを思い出す。
画像急にハトヤに決めた6時間後くらいに昭和の雰囲気が満載の小学校の講堂のようなハトヤのレストランシアターで食事をしながらそんなことを考えていた。昭和がなつかしい。
昭和満載のハワイアンズやハトヤに子供を連れて行くとバイキングのデザートやゲームセンタやお土産屋などなんでもある設備にそこそこ楽しむが、外資系のふかふかのベッドや綺麗なプールのあるホテルの方が好きらしい。(実は妻もそうだ)
しかし最新のホテルにどうしてもない物がある。国産の丁寧な仕事のファシリティと小物、そしてコスト観点からは当然削減されて良いような無駄だ。スプリンクラー完備なのに消防隊がいて車のナンバーが「4126」の消防車があるホテルがあるだろうか。この非合理性に感動せずにいられない。
画像部屋の中の金庫も懐かしい感じであるがその隣の電気スタンドなどあまりに作りが良くて感動してしまう。写真には写っていないが手前には鳩の置物がある。この置物は各部屋だけでなく浴場等にもいる。本家山ハト(海沿いにあるあとで出来たサンハトヤを海ハトという)は昭和22年開業らしいがそのときのオーナーが手品好きであっただけでこの名がつけられて各部屋にハトの置物を置くかと。館内のハトの何羽かがケンコバトでも良かったかも。(冗談)
今回泊まった部屋は一番海側に増設されたシアター別館の最上階13Fであった。30uくらいで風呂便所がセパレート。以前泊まった部屋は檜風呂であったがユニットバスであった。でも掛け流しなんです。すばらしい。ただ本館より温かいお湯が出るまで時間がかかる(30分以上)のが玉にキズ。
画像本館からシアター別館に向かう渡り廊下のなんと昭和がイメージした未来なことよ。60年代のトムとジェリーを見ていても同じような近未来が出てくる。絨毯の柄も相まって個人的には日本遺産である。絨毯の柄が壁と床とでぴっちり合っているところも素晴らしい。たぶん絨毯職人の心意気なのであろう。こういった安っぽくても良い作りが残るホテルは本当に減った。フェアモントホテルもキャピトル東急もパレスホテルも霞友会館もいまはもうない。オークラとかニューオータニの本館とか名鉄犬山ホテルも個人的に懐かしいホテルももうすぐ建て替えられてしまうんだろうなぁ。もっと古い金谷ホテルや箱根フジヤホテルは残すんだろうけど。まっそうはいっても床がギシギシしたりして快適からは遠いところもある。客層も良くない。中国から来て一生懸命がんばっている従業員に心ない差別的な発言をする人にも遭遇した。
画像こどものころ親に連れられて出かけるとよく喫茶店に連れて行かれた。まあ両親が落ち着いてたばこを吸うためなんだけどそのときの日本に昔からある切り子の灰皿とアメリカのデザインをまねたちょっとモダンなプラスティッキーな椅子や装飾のアンバランスを急に思い出すことがある。
それで気づいたのだがおそらく私がハトヤで感じでいる物は結局は私個人の子供の頃の思い出なのだ。感じない人には全く感じないのだ。逆に言うと子供の頃体験した思い出や親が垂れたうんちくの記憶が数十年後に何かの形で思い出したり考え方に広がりを持たせることもあるのかなと。おそらく絨毯張りのバイトをしていなければ絨毯の目を合わせることがどんなに大変かもわかっていないだろうし、サービス業に関わっていなければリピーターを作る難しさから従業員がどれだけ努力しているかもわかり辛い。お客さんから頂く金額とお客さんのために行うサービスのバランスの難しさも安いホテルであれば余計わかる歳になってきた。

まあ自分もいやだったがたまにこういう所に子供を無理矢理連れて行くことも悪いことばかりではないのかもしれないとと感じるハトヤなのであった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハトヤ kuwathaiの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる